抗不安剤の解析

日常生活でストレスを抱えてうつ状態になる方が年々多くなています。
どのぐらいストレスかけて、うつ状態になるのかははっきり解明されていませんがストレスを解消せずに我慢を通続けた事で発症します。
うつの症状は精神状態が不安や悲しみ、焦りを感じ落ち込み、働く意欲が出なくなります。
深刻なのが、思い詰めてしまい意識せずに自殺する人もいます。女性に多いのが手首を切る行為でリストカットをしてしまう。
初期症状は睡眠障害から始まる事が多くなています。
このような、症状は一刻も早く改善したいものですね。多く方はお薬で治療していますが依存にならないのか、副作用は?と心配の方がいらしゃいます。

抗不安剤で効果が高いのが田辺三菱製薬が製造している、有効成分エチゾラムのデパスです。こちらは脳の興奮状態を和らげ、寝つきの悪い方に有効なお薬になります。

デパスは海外通販で処方箋なしで購入可能でしたが、有効成分エチゾラムは効果が高いとされ依存や幻覚を見るなどとして、2014年10月14日に薬事法が変わり「麻薬、麻薬原料、向精神薬指定」されました。
個人で輸入する事や本人以外が所持してて他国へ入国する場合も違法になります。
では、安全で依存にならない抗不安剤はあるのでしょうか?
医薬品の効果や副作用は体質、体系等で変化しますが、イーライリリー社が開発した世界で最も有名な抗うつ剤「プロザック」でしたら、有効成分フルオキセチンが脳の中でセロトニン物質に働きかけ、うつの症状をを和らげる作用があります。
こちらの医薬品は依存症になり難く、副作用が少ないとされていますので安心しただけますお薬になります。
プロザックは抗不安剤として利用されていますが、強迫性障害、絶食障害にも有効お薬になります。
デパスにお代わりにプロザックを一度試してみてはいかがでしょうか?
服用中止する場合や副作用が出た時は、医師の指導の元、きちんと医師の指示はしっかり守ることが大切です。